本文へスキップ

Dee Music School‐スカイプオンラインギターレッスン

TEL.048-789-7889

お知らせnews

 ギター練習講座 ‐ 目次 > バレーコード(セーハコード)を弾いてみよう

バレーコード(セーハコード)を弾いてみよう

このページでは「バレーコード(=セーハコード)」を練習していきましょう。

ここでは今後かなり役立つ4種類のバレーコードが出てきます。

バレー(=セーハ)」とは、1本の指で複数の弦を押さえる事です。


バレーコード(=セーハコード)とは、バレー(=セーハ)を含んだコードの事を言います。

1つのバレーコードを押さえられるようになると、同時に他の音名のバレーコードも押さえられるようになり、一気にコードの幅が広がります。

この事についてはこのページの下部にて解説しています。


6弦に主音がくるバレーコード2種類の基本

まずはFメジャーコードを例に練習してみましょう。

1fの部分は人差し指1本で押さえてセーハします。

の部分はコードのルート音(主音)になります。
主音の部分も人差し指で押さえます。

今回はFコードですので主音はFの音になっています。


Fコードの押さえ方@


まずは押さえて全弦を鳴らしてみましょう。

どこか鳴っていない弦があれば、鳴るように形や押さえる位置を微妙に変えていってみてください。

人差し指以外の指はしっかりと立てて、隣の弦に触れないようにします。


実際のFコードを押さえた写真も確認してみましょう。


Fコードの押さえ方A


ここでセーハする時のポイントを見てみましょう。

@人差し指の表面では無く、若干人差し指の親指側の側面で押さえると鳴りやすくなります。

A写真では見えていませんが、親指は人差し指の裏にあります。人差し指と親指でネックをしっかりと挟み込んでいるイメージです。

B隣の弦に触れて音を消してしまわないように、各指はしっかりと立てます

Cフレットに近い部分を押さえると、比較的軽い力で押さえて鳴らすことができます。


以上の事を踏まえ、まずは1週間毎日15分でも良いので押さえる練習をしてみてください。


人によって手の大きさ等も異なりますので、押さえ方を少し変えたり修正して練習してみてください。

工夫しながら練習すること、諦めないことが一番大切です。


初めての方は指も痛くなることもあるかと思いますが、毎日少しずつ工夫しながら弾いてみてください。


1週間ほど弾いていると指で押さえ方を覚え、次から楽に鳴るようになります





次はFマイナーコードです。

コードの主音は同じくFの音です。

先程のコードは、「6弦に主音がくるメジャーコード」でしたので、次は「6弦に主音がくるマイナーコード」を弾いてみましょう。


Fmコードの押さえ方


先程のFメジャーコードの中指を外すだけです。


押さえ方やコツは上記のFメジャーコードを同様です。

まずはコードは形で覚えてしまいましょう


5弦に主音がくるバレーコード2種類の基本

次に「5弦に主音がくるメジャーコード」と「5弦に主音がくるマイナーコード」を練習してみましょう。


これらのコードもまずは形で覚えてしまいましょう。






続きは現在制作中です。申し訳ございません。

ギター練習講座はどんどん追加していきますので、
よろしければブックマークをお願いします。


無料体験レッスンお申込みはこちらから
無料体験レッスンを申込む
 












無料体験レッスンお申込み

無料体験レッスン

Dee Music School

エレキギター
アコースティックギター
対応
Dee Music School

■お電話
048-789-7889

体験レッスンの
お申込みは
お電話からでも
受付けております。

お気軽に
お問合せください。

■開校時間
(年末年始休校)
10:00‐22:00

トップページ

  サイトマップ
トップページ 特徴
料金 体験レッスン
YouTube 講師紹介
プライバシー ご入会フォーム
Facebook Twitter
ブログ 無料相談
ギター練習講座 お問合せ
特商法表記