本文へスキップ

【スカイプギターレッスン】ネットのギター教室【格安価格で高品質なレッスン】Dee Music School

TEL.048-789-7889

お知らせnews

 ギター練習講座 ‐ 目次 > チューニングと音名

チューニングと音名

チューニングはギターを弾く前に必ずやる重要な作業です。
プロでもライブ中やレコーディング途中でも頻繁に行います。

ギターのチューニングにはドロップチューニングやオープンチューニングなど、様々な種類が存在します。

その中でも最もよく使用される基本のチューニング、「レギュラーチューニング」について解説します。

チューニングの際はチューナーを使ってください。

※以下の3つは呼び方が異なるだけで全て同じチューニングです。
・レギュラーチューニング
・スタンダードチューニング
・ノーマルチューニング


弦と開放弦について

ギターの弦で一番太い弦が6弦、一番細い弦が1弦です。
弦が細くなるにつれて5弦、4弦、3弦、2弦の順番に並んでいます。


指板図と各弦

「開放弦」とはフレットを押さえないで弦を弾くことです。

例えば「6弦の開放弦を弾く」=「6弦上のどのフレットも押さえないで6弦を鳴らす」 という事になります。


この開放弦を各弦順番に弾いていき、ペグを緩めたり締めたりしながら1弦ずつ音を合わせていってください。

各弦の合わせる音名は以下になります。


音名

レギュラーチューニング

1弦の開放弦の音=E(ミ)
2弦の開放弦の音=B(シ)
3弦の開放弦の音=G(ソ)
4弦の開放弦の音=D(レ)
5弦の開放弦の音=A(ラ)
6弦の開放弦の音=E(ミ)

に合わせます。

※1弦と6弦は同じE(ミ)の音です。音程(音の高さ)が違うだけです。


開放弦の音名



〜音名の補足〜

ド=C
レ=D
ミ=E
ファ=F
ソ=G
ラ=A
シ=B


になります。


チューニングのポイント

1.ギターはチューニングが狂いやすい楽器です。
各弦を順番に鳴らしてすべての弦の音を合わせたら、もう一度すべての弦を順番に合わせてみてください。


2.ペグを緩めながらではなく、締めながら合わせていくとチューニングが狂いにくくなります。


チューニングサイトとアプリ

♪スマホやタブレットをお持ちの方は「ギターチューナー」でアプリを検索してみてください。無料で使えるものが多くあり便利です。


♪パソコンからご覧の方はギターメーカー大手Fenderのサイトに、無料オンラインチューナーがあります。ペグをクリックすると各弦の開放弦の音が鳴りますのでその音に合わせていきます。(スマホからでは表示されません。)



※アプリの方がマイクで音を感知してくれるのでおすすめです。


無料体験レッスンお申込みはこちらから
 












無料体験レッスンお申込み

無料体験レッスン

Dee Music School

エレキギター
アコースティックギター
対応
Dee Music School

■お電話
048-789-7889

体験レッスンの
お申込みは
お電話からでも
受付けております。

お気軽に
お問合せください。

■開校時間
(年末年始休校)
10:00‐22:00

トップページ

  サイトマップ
トップページ 特徴
料金 体験レッスン
YouTube 講師紹介
プライバシー ご入会フォーム
Facebook Twitter
ブログ 無料相談
ギター練習講座 お問合せ
特商法表記